政治
台風25号接近

「辺野古新基地建設阻止に全身全力で取り組む」 玉城デニー新知事が就任会見


就任会見を開き、報道陣の質問に答える玉城デニー知事=4日、県庁

4日に知事就任した玉城デニー氏(58)は4日午後1時55分、県庁特別会議室で就任記者会見に臨んだ。会見の冒頭「翁長前知事の遺志を引き継ぎ、県民の心を一つに誇りある豊かな沖縄を実現する。政府に対して対話によって解決策に導く民主主義の姿勢を求め、普天間飛行場の一日も早い閉鎖と返還、辺野古新基地建設の阻止に全身全力で取り組んでいく」と新知事としての決意を示した。

辺野古埋め立て承認の撤回に政府が対抗措置を検討するなど、国との対立で厳しい局面が想定されるが「撤回の判断に従うよう政府に求め、国際社会にもあらゆるツールを通じて沖縄の民意を広げていきたい」と承認撤回の正当性を主張していく立場を強調した。

一方で「対話の窓口を日本と米国に求めていくことを始めていくことも必要と思う」と述べ、就任あいさつなどを通じて早いうちに政府側と面談していく考えも示した。

子どもの貧困対策を県政の最重要課題に位置付けたほか、復帰50年以降の新たな沖縄振興計画について「スケール感とスピード化の持って日本経済を牽引するトップランナーとして導く」と自立型経済の確立に意欲を見せた。 【琉球新報電子版】