スポーツ

女子ゴルフ・かねひで美やらびOP 台風25号の影響で大会不成立 2日目連続の中止、6日にエキシビジョンマッチへ

暴雨風によって揺れる樹木=5日午前、名護市のかねひで喜瀬カントリークラブ

 台風25号の影響で1日目の競技を中止していた女子ゴルフのステップアップツアー、かねひで美やらびオープン(主催・日本女子ゴルフ協会、共催・金秀グループ、かねひで美やらび実行委員会)は5日、名護市喜瀬CC(6509㍎、パー72)で予定していた2日目の競技も中止すると発表した。

 台風による2日連続の競技中止によって、日程上、全選手が規定の27ホールを終えられないため、大会は不成立となった。

 代わりに、6日にエキシビジョンマッチを行う予定で、5日15時までに選手30人以上の参加希望があれば実施する。賞金総額は当初の2千万円のうち、1千万円は選手へ均等に分配し、残り半分をエキシビジョンマッチの賞金にあてる。優勝賞金は200万円となった。

 同大会にはステップアップツアー賞金王争いをする上原美希や、ホステスプロの川満陽香理ら県勢プロアマ14人を含む、108人が出場を予定していた。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス