社会

「これが日本の民主主義か」 若者ら、政府に反発 辺野古撤回停止請求

 沖縄県知事選後わずか2週間余りで「対抗措置」を講じ、あくまで辺野古新基地建設を進める考えの国に対し、玉城デニー知事誕生を支えた若者からも反発の声が相次いだ。

 「うそ? 知事選があったばかりなのに」。沖縄国際大4年の男性(22)=那覇市=は政府の対抗措置を耳にした時、そう思った。知事選では玉城陣営でパンフを配り、「辺野古新基地は要らない」と街頭演説もした。「政府は『沖縄に寄り添う』と言葉だけ取り繕っている。実際は植民地のような扱いだ」と指摘した。

 米国の大学で博士課程に在籍する女性(31)は一時帰国し、玉城知事誕生に汗を流した。「これが日本の民主主義か。世界からの信用がなくなるのではないか」と政府を強く批判。「そこまでして辺野古に基地を造ろうとする理由が分からない。首相が明らかにしてほしい」と訴えた。

 別の男性(24)=那覇市=は「県と政府の対話が生まれると期待していたが、裏切られた。残念」と話す。辺野古新基地建設の是非を問う県民投票実施を求めてきた男性は「知事選と違って、シングルイシューで民意を問うことになる。絶対負けられない。今度こそ政府は結果を受け止めてほしい」と力を込めた。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス