経済

オキコと沖縄明治がコラボした「プリン蒸しパン」 売れ行き好調 10日で1・5万個販売

オキコパンの新商品「プリン蒸しパン」

 パン製造のオキコ(沖縄県西原町)は、沖縄明治乳業(浦添市)の定番商品のプリンとコラボレーションした「プリン蒸しパン」を販売している。発売から10日間で1万5千個を販売した。

 当初目標の月2万5千個を1・8倍上回るペースで売り上げている。目立つ赤いパッケージとプリンの味が幅広い世代に受けているとみられる。


プリン蒸しパンを紹介する(左から)オキコの新里真奈美さん、屋良恵美子主任、沖縄明治乳業の比嘉彩夏主任=25日、那覇市の琉球新報社

 沖縄明治のプリンをイメージして、プリン風味の生地の上にカラメル味の生地を乗せた2層の蒸しパン。25日に那覇市の琉球新報社を訪れたオキコの新里真奈美さんは「プリンが好きな人にもパンの形で味わってほしい」と話した。

 価格は税抜き125円、量販店やコンビニで販売している。