政治

石井国交相「双方の内容検討し適切に回答」 防衛局が適格を欠くとの県の指摘には「審査内容に関わる」とコメント控える

 名護市辺野古の新基地建設に伴う県の埋め立て承認撤回に関連し、石井啓一国交相は26日午前、沖縄防衛局による執行停止申し立ての却下を求める県の意見書を前日に受領したとし「沖縄防衛局、県双方の書面の内容を検討し適切に対応する」と話し、早期に判断する考えを示した。

 県が提出した意見書で、防衛局が行政不服審査法の定める申し立て適格を欠いていると指摘したことには「審査の内容に関わることであり、現時点でコメントは控えたい」と述べるにとどめた。【琉球新報電子版】