スポーツ

晴天の下、力強く出走 第29回中部トリムマラソンがスタート

晴れ渡る秋空の下、号砲とともに一斉に走り出す「第29回中部トリムマラソン」の参加者=25日午前9時、沖縄市の県総合運動公園補助競技場

 【中部】第29回中部トリムマラソン(主催・県総合運動公園運営管理事務所、中部広域市町村圏事務組合、琉球新報社、ラジオ沖縄)が25日午前9時、沖縄市の県総合運動公園補助競技場を発着点にスタートした。

 10キロ、3キロ個人・親子の部に計2838人がエントリーしている。ランナーたちは晴天の下、ゴールを目指し力強く出走した。

 開会式であいさつした県総合運動公園運営管理事務所の石川幸二郎副所長は「人と人との触れ合いや感動を与えるトリムマラソン。体調に気をつけて楽しんで走ってほしい」とランナーを激励した。

 4月に岐阜県から引っ越してきた赤堀直美さん(41)、亮平君(11)、菜々さん(10)親子は、今回初めて10キロの部に3人で出場する。直美さんは「目標タイムは1時間で、みんなで一緒にゴールしたい」と意気込んでいた。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス