政治

玉城沖縄県知事と安倍首相 あすにも会談

(左から)玉城デニー知事、安倍晋三首相

 【東京】米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設を巡って集中協議を続けている政府と県は安倍晋三首相と玉城デニー知事の会談を28日にも実施する方向で調整していることが26日、分かった。約1カ月続けてきた集中協議の最終回に位置付けられる。協議で一致点を見いだすことは厳しい見通しで、県は埋め立て承認撤回に関する国土交通相の執行停止決定について不服だとして国地方係争処理委員会に審査を申し出る。

 集中協議の日程について謝花喜一郎副知事は26日、県庁で記者団に対し「まだ決まっていない」と述べた。政府と県の集中協議は東京都内で3回実施され、杉田和博官房副長官と謝花副知事が面談した。辺野古移設を推進する政府と、新基地建設阻止を掲げる県の主張には隔たりが大きく、議論は平行線をたどってきた。

 県は辺野古の埋め立て承認撤回への執行停止を国交相が取り下げない限り、国地方係争処理委に審査を申し出ると予告してきた。法的措置を取る一方で、政府と県は集中協議終了後も何らかの形で話し合いを続けることで合意している。