くらし

貧困解決目指しフットサル大会 来月と1月開催

 フットサルを通して交流を深め、子どもや女性の貧困問題の解決を目指すフットサル大会・第7回「ダイモンカップ」(一般社団法人daimon主催)が12月9日と2019年1月6日、7日の3日間、沖縄県那覇市と沖縄市で開かれる。入場無料。

 期間中、各会場では食料や本などの寄付を受け付け、支援団体に届ける。これまでに延べ1万2千人が参加し、食料200キロ、本2千冊を贈った。

 9日は午後1時から国際通りむつみ橋交差点でフリースタイルフットボールや車いすサッカーなどのストリートサッカー大会を開催する。クリスマスを意識し、当日は赤や白の服装を呼び掛ける。

 1月6日午前9時、7日午前10時からは県総合運動公園体育館で、子どもから大人まで参加できるフットサル大会が開かれる。

 大会に参加するためには申し込みが必要となる。締め切りは12月9日。

 主催者の糸数温子実行委員長らが26日、浦添市のブエノチキン浦添で記者会見し「楽しみながら、社会とつながる機会にしたい。気軽に足を運んでほしい」と参加を呼び掛けた。

 申し込みと詳細はhttp://daimon-okinawa.com/daimon-cup/