経済

LCCも便利に 那覇空港の国内線ビルと国際線ビルがつながる 12月18日から一部、19年3月から全面運用

那覇空港の「連結ターミナル」出発ロビーのイメージ

 那覇空港の旅客ターミナルビルを運営する那覇空港ビルディング(NABCO、兼島規社長)は12日、国内線ビルと国際線ビルをつなぐ連結ターミナルを2019年3月18日に運用開始すると発表した。一部は先行して今月18日から利用できる。国内線ビルから国際線ビルまで1階が到着、2階が出発、3階がチェックインと階層構成が統一され、利用しやすくなる。

 連結ターミナルは増加する旅客の受け入れ体制整備を目的に17年1月に着工、19年2月10日に完成する。国際線ビルの全チェックインカウンター20ブースが連結の3階に移動し、60ブースに増設される。暫定貨物LCCビルにあるピーチ・アビエーションとバニラ・エアのチェックインカウンターも移転するため、シャトルバスでの移動が不要になる。1階出発バスラウンジも増設され、2階の搭乗待合室も拡張する。

 2階の国内線搭乗待合室と新設の37番、41番スポット用旅客搭乗橋は、今月18日から運用される。

 連結ターミナル整備に続き、国際線のCIQ施設(税関・出入国管理・検疫)の工事を始めており、2020年夏にはCIQカウンターが2倍に拡張される。









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス