社会

沖縄・糸満、一部小中で除草剤 屋外運動場、広場でも

現在も立ち入り禁止になっている多目的広場=13日、糸満市真栄里のロンドン杜公園内

 【糸満】沖縄県糸満市と市教育委員会は13日、市真栄里の屋外運動場とロンドン杜公園多目的広場、市内小中学校の一部で除草剤の使用を確認したと発表した。屋外運動場と小中学校はボランティアやPTAの作業で散布され、周辺に周知していなかった。市教育委員会は「ハブ対策で除草剤が必要な学校もある。除草方法のマニュアルを作成し、安全管理を徹底する」としている。健康被害の報告はない。

 市と市教委に対する市民の問い合わせで明らかになった。市は屋外運動場と多目的広場の管理を外部団体に委託している。協定で除草剤の散布を禁止し、使用しなければならない際には市と協議が必要という。ボランティアは除草剤使用が禁じられていることを知らなかった。

 多目的広場も散布の形跡はあったが、誰が除草剤を使ったのか確認できなかった。屋外運動場では薬剤名を特定し、安全が確認されるまでの2日間、使用禁止にした。多目的広場は薬剤名を特定できず、12月初旬から立ち入りを禁止し、芝の生育を確認している。









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス