社会

宮城さんの親族捜す 青年来沖 1930年にキューバ渡航

1914年生まれ、大宜味村塩屋出身の宮城友吉さん(左)

 【大宜味】沖縄県大宜味村塩屋出身で1930年にペルー経由でキューバへ渡った宮城友吉さんの親族を、キューバ出身のペレズ・モラレス・マヌエルさん(24)が探している。宮城さんの息子ルイ宮城さん(68)が沖縄とのつながりを求めており、親戚のマヌエルさんが橋渡しになろうと沖縄を訪れた。

 宮城友吉さんは14年生まれ。マヌエルさんはことし9月から新潟の大学に語学留学中。知人やつてがない中、マヌエルさんは30日、大宜味村を訪れ友吉さんに関わる情報を探した。当時の塩屋の住所も残っており塩屋区を訪れたが、手掛かりは得られなかった。

 マヌエルさんは「家族や写真などがあれば、キューバの親戚にも伝えたい」と話している。情報提供は琉球新報北部支社(電話)0980(53)3131。


沖縄を訪れたペレズ・モラレス・マヌエルさん=30日、琉球新報北部支社








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス