社会

津堅沖でパラシュート降下訓練 米軍、今年初

 【うるま】米軍は14日、沖縄県うるま市の津堅島訓練場水域でパラシュート降下訓練を実施した。沖縄防衛局によると、午後5時半と同6時15分のそれぞれ5人の兵士が米軍機から降下した。訓練は今年に入って初めて。米連邦航空局は航空情報(ノータム)で同日の午後5~9時の間に訓練を実施すると発表していた。

 同水域では定期船や漁船の航行もあることから、県や市は訓練の中止を求めていた。

 うるま市には、20日にも同水域で訓練が実施される通知が届いている。