社会

辺野古新基地、工事続く ゲート前で市民抗議

K9護岸で台船から土砂をダンプカーに移し替える作業員ら=26日午前9時ごろ、名護市の大浦湾

 米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に伴う新基地建設工事で、沖縄防衛局は26日午前から辺野古側や大浦湾側の海域で建設作業を続けた。大浦湾側のK9護岸で台船からダンプカーに土砂を移し替える作業が確認された。
 米軍キャンプ・シュワブゲート前では市民が抗議する中、資材を積んだトラックなどが入って行った。【琉球新報電子版】









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス