社会

温かなジャズに酔う 大西順子トリオ公演

温かく心地よいジャズサウンドを聴かせた大西順子さん(中央)と井上陽介さん(右)、高橋信之介さん=9日夜、那覇市泉崎の琉球新報ホール(ジャン松元撮影)

 ジャズピアニスト大西順子さんの沖縄公演「大西順子トリオ」(主催・琉球新報社、ラジオ沖縄、協力・沖縄JAZZ協会)が9日夜、那覇市泉崎の琉球新報ホールであった。大西さんはベース井上陽介さん、ドラムスの高橋信之介さんと一緒に温かく心地よいジャズサウンドを響かせ、観客の心を引き付けた。

 公演では2017年に発売したアルバムの曲を中心に演奏した。「Hot Ginger Apple Pie」では安定したリズムで豪快な音を響かせた。「Very Special」では大西さんがしっとりとピアノを弾き、情感豊かなバラードを聴かせた。

 最後のアンコールでは3人でホレス・パーランの「アス・スリー」を力強く演奏し、会場を沸かせた。

 夫と一緒に会場に訪れた島尻しのぶさん(41)=宜野湾市=は「3人の勢いよく奏でる音に自分の心も弾んだ。また必ず沖縄に来て演奏してほしい」と目を輝かせながら語った。