経済

那覇空港に新ターミナル 国内線と国際線が連結で乗り継ぎ楽に LCCも便利に

グスクの城郭をイメージしたふくぎホール=13日午後、那覇空港際内連結ターミナル施設

 那覇空港旅客ターミナルビルを運営する那覇空港ビルディング(兼島規社長)は13日、国内線と国際線の旅客ターミナルビルをつなぐ「際内連結ターミナル施設」の落成式典を開いた。18日に供用開始する。国内線ビルから国際線ビルまで1階が到着、2階が出発、3階がチェックインと階層構成が統一され、乗り継ぎが容易になるなど利便性向上が期待される。

 連結施設は2020年3月の第2滑走路供用開始により想定される、民間機の年間離着陸回数15・8万回に対応可能となる。現国際線ビルの全チェックインカウンター20ブースが連結施設3階に移動し、3倍の60ブースに増設される。暫定貨物LCCビルのチェックインカウンターなども移る。手荷物を預けた後に自動で検査するシステムも導入し、スムーズな搭乗が期待される。

 施設内には訪日外国人観光客(インバウンド)、国内客の双方を意識した合計36店のテナントが出店する。多様なニーズに対応した飲食店がそろい、2階にはインバウンドを主なターゲットにした「ゆいにちストリート」を設置、日本と沖縄の厳選商品が並ぶ。

 式典には行政や観光業界関係者らが集まり、門出を祝った。兼島社長は「安心・安全を第一に、さらなる利便性と快適性の向上に向けて取り組む」とあいさつした。