地域

ゴルフの宮里聖志さん 故郷・沖縄東村の観光大使に 「魅力発信したい」

東村の観光大使に任命された宮里聖志さん(中央)と伊集盛久村長(左から2人目)、村観光推進協議会の渡久山真一理事長(同4人目)=16日、東村の村民の森つつじ園

 【東】東村出身のプロゴルファー・宮里聖志さんが、東村初となる村観光大使に任命された。16日、つつじ祭りが開かれている村民の森つつじ園で、伊集盛久村長から宮里さんに任命証が手渡された。宮里さんは「村をPRする責任に、身が引き締まる思いだ。責務を全うしたい」と意欲を見せた。

 伊集村長は村を訪れる観光客数が年間30万人に上るとした上で「村の地域振興につながるよう、(観光大使の)任命で豊かな自然などの観光資源を周知したい」と話した。

 村観光推進協議会の渡久山真一理事長は「宮里さんに村の魅力を存分に発信してほしい」と話した。

 オフシーズンに当たる12月から翌年3月は村内で過ごすことが多いという宮里さんは「ここは気持ちをリセットできる場所だ。ゴルフを通して村の魅力を発信していきたい」と強調した。