社会

平成最後の特需なるか? 新元号発表で「令和」ゴム印注文が半日で50件 沖縄印章

平成の時の上に押された訂正印「二重線と令和」=1日、那覇市の沖縄印章

 創業48年、沖縄県那覇市の沖縄印章(仲嶺剛社長)では新元号の発表後、半日で50件のゴム印の注文が入り、作成に追われている。昭和の時代は必須だった「はんこ」が平成になり、パソコンやインターネットの普及で10年前から需要が落ちているという。新元号が起爆剤となり、平成最後の特需となるのか期待が持たれる。

 店舗の裏手では真新しい印判から「令和」と書かれたゴムがプレスされ、次々と台木に貼り付ける流れ作業が続く。ゴム印の多くは既に年号が印刷された領収書や請求書などの「平成」の文字上に「二重線と令和」と印字する訂正印だ。

 昭和から平成になった時は、夜中まで従業員総出で製作したと前社長から聞いていた。仲嶺社長は「特需」に期待する一方、「出だしは良くない。ウチナーンチュはゆっくり構えて、ギリギリに駆け込んでくるはず」と笑う。

 「令和は文字の響きから次の世代まで和を重んじる良い時代になるはず」と仲嶺社長は太鼓判を押した。









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス