政治
衆院沖縄3区補欠選挙4・21

屋良、島尻氏が届け出 衆院3区補選が告示 「辺野古」最大争点に

屋良朝博氏(左)、島尻安伊子氏

 玉城デニー知事の知事選出馬に伴い実施される衆院沖縄3区補欠選挙が9日告示され、午前8時半の受付開始と同時に県政与党が支援するフリージャーナリストで新人の屋良朝博氏(56)=無所属=、元沖縄北方担当相の島尻安伊子氏(54)=自民公認、公明、維新推薦=が立候補を届け出た。

 他に立候補の動きはなく、3区補選は、玉城知事の後継である屋良氏と議席奪還を狙う島尻氏の一騎打ちとなる見込み。立候補の届け出は午後5時に締め切られる。

 9日午前8時30分、沖縄市のコザ十字路で出発式を開いた屋良氏は「沖縄の民意と民主主義、チムグクルを懸けた戦いになる。辺野古の海には絶対に指一本触れさせない。沖縄から政治を変え、民主主義とは何か問い掛けよう。玉城デニー知事の後継者として、県政を支えたい」と訴えた。

 9日午前9時に沖縄市の胡屋十字路で出陣式を開いた島尻氏は「県民の悲願である普天間飛行場の全面返還を実現させよう。県民の関心は基地よりも経済の発展、沖縄の振興だ。皆さんの暮らしを全力で守る。新しい時代はすぐそこにある。沖縄に暮らす皆さんのために明るい沖縄をつくる」と訴えた。

 3区補選は、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設の是非や復帰から半世紀に差し掛かる沖縄振興の新たな制度設計、子どもの貧困問題などを争点に激しい前哨戦を繰り広げてきた。期日前投票は10日から始まる。【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス