くらし

採るぞ!食べるぞ! 親子で食と農業を考える キューピー野菜たっぷり体験ツアー

キユーピー「野菜たっぷり体験ツアー」でキャベツの収穫を楽しむ親子=13日、糸満市米須(田中芳撮影)

 野菜にもっと親しんでもらおうと「第7回親子で楽しむ!野菜たっぷり体験ツアー」(主催・琉球新報社、協賛・キユーピー)が13日、糸満市内で開かれた。小学生と保護者24組48人が参加し、収穫体験と調理実習を通して食と農について考えた。

 講師を務めた農家で野菜ソムリエ上級プロの徳元佳代子さんが所有する畑で、参加者はキャベツやブロッコリーなど4種類の野菜を収穫。調理実習では「ざっくりキャベツのミートソース煮」と「鶏肉とまんまる野菜のマヨソテー」の2品を調理した。

 野菜が少し苦手だという児玉くれなさん(7)=那覇市=は「採れたてのキャベツを生でマヨネーズをつけて食べたのがすごくおいしかった」とにっこり。母親のかおるさん(45)は「娘も楽しんで調理していた。早速うちで一緒に作りたい」と話した。