社会

北部訓練場跡地にまた空包銃弾71発 返還後も発見続く米軍の“置き土産” 識者からは疑問の声

4月6日に宮城秋乃さんが発見した空包=国頭村安田(宮城秋乃さん提供)

 【国頭】東村高江で昆虫を研究する宮城秋乃さんが4月に、国頭村の北部訓練場返還地のLZ―FBJヘリパッド跡周辺で発見した米軍の未使用の空包銃弾71発を2日、県警が回収した。宮城さんが4月6日に発見し、通報していた。

 空包は長さ6・5センチ、直径0・7センチで、他に野戦食の袋などの廃棄物も見つかった。

 宮城さんは「在沖海兵隊の清掃ボランティアの様子をネットでよく見掛けるが、市民に見えないところでは汚している。見えるところだけで環境保護活動をしていることに疑問を感じる」と話した。