社会

水遊びにおおはしゃぎ!初夏の訪れを満喫 きょう立夏 今週は曇り多く

初夏の陽気の下、楽しそうに水遊びする子どもたち=5日午前、金武町並里の大川児童公園(ジャン松元撮影)

 6日は二十四節気の一つ「立夏」。暦の上で夏が始まる日とされる。

 「こどもの日」の5日、沖縄本島地方は高気圧に覆われ、青空が広がった。金武町並里の金武大川(ウッカガー)そばにある大川児童公園では、子どもたちが元気に水遊びを楽しんでいた。

 両親と5人の兄弟とで初めて訪れたという比嘉惇貴さん(天願小4年)は「水は少し冷たいけど楽しい」と笑顔。約2メートルの高さまでほとばしる噴水や透明な湧き水の水場で初夏の訪れを満喫していた。

 沖縄気象台によると向こう一週間は、前線や湿った空気の影響で曇りの日が多い。期間の初めは雨の降る所がある。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス