スポーツ

當銘と大城を代表選出 世界カヌースプリント

(左から)當銘 孝仁、大城 海輝

 日本カヌー連盟は8日、東京都内で常務理事会を開き、8月のスプリントの世界選手権(ハンガリー)に出場する日本代表に、男子カヤックで2012年ロンドン五輪代表の松下桃太郎、藤嶋大規(ともに自衛隊)ら15人を承認した。県勢では當銘孝仁(沖水高―大正大出、新潟県・三条市スポーツ協会)、大城海輝(沖水高―鹿屋体育大出、三重県・四日市カヌー協会)が男子カナディアンで選出された。

 女子カヤックで18年ジャカルタ・アジア大会銅メダルの小野祐佳(秋田県体協)と多田羅英花(愛媛県競技力向上対策本部)も選出された。