芸能・文化

のだめカンタービレの音楽会♪ あの名場面、名曲を堪能

 人気漫画「のだめカンタービレ」(二ノ宮知子原作)から生まれたクラシックコンサート「茂木大輔の生で聴く のだめカンタービレの音楽会」(琉球新報社主催)が19日、沖縄県宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで開かれた。来場した1200人はスクリーンに映し出される漫画の名場面や曲の解説を見ながら、原作に登場する名曲の数々を堪能した。


人気漫画「のだめカンタービレ」の名シーンを投映し曲を合わせて演奏された音楽会=19日、宜野湾市の沖縄コンベンションセンター劇場棟

 2006年に放映されたドラマ「のだめカンタービレ」でクラシック監修を務めた茂木大輔さん(指揮者)のほか、大嶺未来さん(ピアノ)、浅原由香さん(オーボエ)、琉球交響楽団(管弦楽)が出演した。原作でコミカルなオペラとして描かれているモーツァルトの歌劇「魔笛」やベートーベンの「交響曲第7番」など人気曲を演奏した。

 那覇市の沖縄尚学中学校吹奏楽部でホルンを担当している林紗也子さん(13)は「のだめのドラマや映画を見たことがあり、参考になると思って来た。浅原さんのオーボエの演奏がすごかった」と話した。