経済

残波を飲んでぷしゅ~ 「ワカコ酒」と泡盛残波がコラボ 比嘉酒造が限定販売

泡盛残波×ワカコ酒のコラボボトル

 【中部】比嘉酒造(読谷村、比嘉兼作社長)は、泡盛「残波」のラベルに人気漫画「ワカコ酒」のイラストが入った「泡盛残波×ワカコ酒のコラボボトル」を13日から発売している。720ミリリットルが3600本、1升が1200本の限定販売。

 比嘉酒造は女性や泡盛のビギナーでも飲みやすい泡盛として「残波ホワイト」を開発し、1988年から販売している。ワカコ酒はアニメやドラマも放映されている人気漫画で、女性や若年層から支持されている。コラボレーションにより、女性や若年層への認知拡大や浸透を狙う。


「泡盛残波×ワカコ酒のコラボボトル」をPRする太田敏取締役営業統括本部長(左)と玉城慎吾さん=22日、沖縄市の琉球新報社中部支社

 太田敏取締役営業統括本部長は「まずは手に取り、飲んでみておいしさを実感してほしい」と話した。

 小売り希望価格(税別)は720ミリリットルが1400円、1升が2360円。問い合わせは(電話)098(958)2205。