政治
参院選2019

瑞慶山茂氏が立候補を表明 参院沖縄選挙区

瑞慶山茂氏

 沖縄戦被害・国家賠償訴訟弁護団団長で弁護士の瑞慶山茂氏(75)は23日、沖縄県庁で会見し、県政与党の立場から夏の参院選沖縄選挙区から立候補することを表明した。ただ、衆参同日選挙となった場合は衆院沖縄4区から出馬すると述べた。

 瑞慶山氏は政治団体「沖縄・平和の党」代表で、辺野古新基地建設反対や日米地位協定の改定、戦争被害者を救済するための法整備などを公約に掲げた。瑞慶山氏は「戦争被害は過去の話ではない、被害者を救済するには社会活動だけではなく政治家を国会に送る必要がある」と語った。

 瑞慶山氏は1943年生まれ、大宜味村出身。琉球大卒。元千葉県弁護士会会長。