国際

【島人の目】EUは極右の巣窟になるのか

 EU(欧州連合)の議会選挙が5月23日から26日に行われる。加盟28カ国の有権者の合計がインドに次いで世界で2番目に多い巨大選挙。EU離脱を延期した英国の有権者も投票する。

 選挙で注目されるのは、EUのほぼ全域で勢いを増している極右政党がどこまで議席を伸ばすかである。特にドイツのAfD(ドイツのための選択肢)、フランスの国民連合などのEU懐疑派の政党が大きく議席を伸ばせば、EUの立法・経済政策その他に大きな影響が出ることになる。

 世論調査によれば、それらの極右勢力が議席を増やす可能性が高い。が、EUを根底から揺るがすほどの力にはまだならない、と見られている。それでもイタリアで極右政党の同盟が左派ポピュリストの五つ星運動と連立政権を樹立し、その後五つ星運動を抑えて支持率を伸ばしているように、主として移民問題を争点にしての極右政党の勢力拡大が続いている。

 欧州のほとんどの極右勢力と米トランプ政権は連動し、ひいてはそれは日本の安倍政権とも通底すると見るべきだ。欧州では2014年の選挙でも英国やフランスなどを中心にEU懐疑派の極右政党が躍進した。今回はそれを上回る議席獲得が予想されている。

 選挙ではもう一つ注目すべき点がある。3月にEUを離脱するはずだった英国が、国内の分裂で混乱し再び欧州議会選挙に参加することである。英国にとってはこの選挙が、EU離脱の是非を問う2度目の国民投票と同じ意味を持つ、という見方もある。

 (仲宗根雅則、イタリア在、TVディレクター)



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス