雷雨の中で抗議続く 辺野古の米軍キャンプシュワブ・ゲート前

機動隊員によって移動させられる市民ら=3日午前、名護市辺野古

 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に伴う新基地建設で、移設に反対する市民ら約30人は3日午前、米軍キャンプ・シュワブゲート前に集まり、抗議の声を上げている。雷雨の中、ゲート前で座り込み、工事車両に向かって建設工事の反対を訴えた。悪天候のため、海上での抗議は行われていない。【琉球新報電子版】









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス