社会

人気映画「カメジロー」の第2弾!復帰直前の激動の沖縄と〝不屈の精神〟の根底を描く 8月、那覇皮切りに全国上映

8月に上映する「米軍が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯」のポスター(彩プロ提供)

 不屈の政治家・瀬長亀次郎を追ったドキュメンタリー「米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー」(2017年、佐古忠彦監督)の第2弾が8月17日、那覇市の桜坂劇場で全国に先駆けて上映される。県内で2万人以上が劇場に足を運びロングランとなった前作に続き、今作では復帰直前の激動の歴史を描きながら、瀬長の“不屈の精神”の根底にあるものを探る。

 第2弾「米軍が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯」は政治家だけでなく夫、父としての瀬長亀次郎にも着目した。佐古監督は「230冊を超える日記を改めて読み返し、亀次郎さんの日常の姿にも視点を広げて、不屈の道を歩んだ理由を探った」と話した。

 今作では教公二法阻止闘争や毒ガス移送問題、コザ騒動なども盛り込んだ。

 映画は8月24日から全国でも上映される。









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • ご案内