地域

宮古島市がマンゴー共和国に? 大統領の市長がPR「宮古のマンゴーが1番」

宮古島産マンゴーを試食し、おいしさをアピールする「マンゴー共和国」大統領に就任した下地敏彦市長(中央)ら=16日、宮古島市平良の島の駅みやこ

 【宮古島】全国一の収穫量を誇る宮古島特産品のマンゴーをアピールするイベント「マンゴー共和国」(同実行委員会主催)が16日から始まった。同日、市平良の島の駅みやこで建国式が行われ、下地敏彦市長が「大統領」に就任した。宮古島産のマンゴーを試食し、「宮古のマンゴーが一番」とアピールした。

 8月25日までの期間中、無料で発行されるパスポートを市内6店舗で提示すると、割引や特典を受けることができる。また、3店舗以上でスタンプを集めると、島の駅みやこでプレゼントをもらうことができる。

 建国宣言をした下地大統領は「今年もおいしいマンゴーができた。共和国の国民はたくさん食べて元気になって、宮古のマンゴーのおいしさを多くの人に伝えてほしい」と呼び掛けた。建国式の後には小学生が参加するマンゴー早食い選手権や、宮古島ご当地アイドル「パニパニ×パラダイス」のパフォーマンスなどのイベントも催された。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス