芸能・文化

LGBT当事者語る映画「私はワタシ」公開 桜坂劇場 女優・東ちづるさんがプロデューサー

映画「私はワタシ」に込めた思いを語るプロデューサーの東ちづるさん(左)と増田玄樹監督=22日、那覇市の桜坂劇場

 LGBT(性的少数者)をテーマに50人にインタビューしたドキュメンタリー映画「私はワタシ~over the rainbow」が22日、那覇市の桜坂劇場で公開され、プロデューサーで女優の東ちづるさんと増田玄樹監督が舞台あいさつした。

 映画は“女装詩”を朗読する長谷川博史さんへのインタビューを軸に、当事者の語りを収録した。

 東さんは「撮り始めはLGBT特有の話を求めていた。しかし、それは私の偏見だった。なりたい自分になりたい、私は私。それは誰もが同じように思うこと。その言葉を紡いで映画ができた」と語った。増田監督は「LGBTに向き合うのではなく、一人一人に向き合うスタンスで撮った」と話した。

 映画は28日まで毎日午後7時半から上演している。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス