社会

沖縄・宮森小への米軍ジェット機墜落事故から60年 慰霊祭で平和に祈り

慰霊碑の前で献花し、焼香する参列者ら=30日午前、うるま市石川の宮森小学校

 【うるま】1959年6月30日、嘉手納基地を飛び立った米軍ジェット機がうるま市石川(旧石川市)の住宅地や宮森小学校に墜落し、児童ら18人が犠牲になった事故から30日で60年がたった。この日、同校では午前9時半から遺族会と石川・宮森630会主催の慰霊祭が開かれている。多くの人が足を運び、哀悼の意を表した。

 第一部では慰霊碑「仲よし地蔵」前で献花や焼香が行われた。遺族や地域住民、うるま市や県の関係者が参列し犠牲者へ黙とうをささげた。もう二度と同じ事故が起こらないよう平和を祈った。

 第二部は同校体育館に場所を移し式典を開く。事故が起きた午前10時40分ごろには、全員で再度黙とうする。その後県の玉城デニー知事やうるましの島袋俊夫市長があいさつを述べる。【琉球新報電子版】