スポーツ

沖尚、5年ぶり甲子園 興南に8―7 延長13回、激闘制す

延長戦で興南を下して優勝を決め、マウンドで喜ぶ沖縄尚学ナイン=21日、那覇市の沖縄セルラースタジアム那覇(大城直也撮影)

 高校野球の第101回全国選手権沖縄大会最終日は21日、那覇市の沖縄セルラースタジアム那覇で決勝を行い、ノーシードの沖縄尚学が第1シードの興南を延長十三回の激闘の末、8―7で下し、栄冠を勝ち取った。沖尚の夏の甲子園出場は5年ぶり8度目。

 沖尚は興南のエース宮城大弥の立ち上がりを攻め、初回に5安打を集めて一挙4得点。興南は二回に3点、三回に2点を挙げて逆転するが、沖尚は六回に高良魁がスクイズを成功させて5―5とし、そのまま延長に突入。十二回には2点を取り合って互いに譲らなかった。十三回に沖尚が2死満塁から押し出しで決勝点を奪い、これを守って接戦に終止符を打った。

 沖縄大会の決勝が延長に突入するのは5度目。延長十三回はこれまでで最長だった。

 沖尚が出場する全国選手権(兵庫県・阪神甲子園球場)は8月3日に組み合わせ抽選会を行い、6日に開幕する。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス