スポーツ

夏の甲子園 沖尚、初戦突破ならず 春準V習志野に4ー5

習志野-沖縄尚学 4回裏一死1、3塁の好機に適時三塁打を放つ沖縄尚学の崔哲瑋=9日、阪神甲子園球場(田中芳撮影)

第101回全国高校野球選手権大会第4日の9日、兵庫県の阪神甲子園球場で1回戦4試合を行い、沖縄尚学は習志野(千葉)に4-5で負け、2回戦進出を逃した。
  後攻の沖縄尚学は二回表、四球の走者を三塁に進められ、習志野8番・山内翔太の適時打で先制を許す。
 
  習志野先発の山内をとらえきれなかった沖尚打線だが、0-2とリードを広げられた四回裏、3番水谷、4番與谷の連打で一死一、三塁の好機に5番崔の三塁打で同点。続く6番奥原がスクイズバントを決めて一挙に逆転に成功。
 
  五回に並ばれるが、六回裏、2番島袋、5番崔の安打などで一死満塁とすると6番奥原がこの日2本目のスクイズを成功させて勝ち越しに成功した。九回表に習志野に1点入れられ並ばれ、延長戦に突入した。十回表、習志野に勝ち越し打を打たれ1点リードを許し、裏は0点に抑えられ4-5で負けた。

 沖尚は2点目を失った四回途中から継投の永山が好投した。【琉球新報電子版】