スポーツ

男子ソフトボール 読谷初V 南部九州総体 日向工に8-1五回コールド

  南部九州総体男子ソフトボール最終日の9日、宮崎県のお倉ケ浜総合公園運動広場で行われた準々決勝で読谷が日向工(宮崎)に8-1の五回コールドで勝利した。台風の影響による日程変更で準決勝、決勝が行われないことが決定。準々決勝を勝ち抜いた4校の同時優勝となるため、読谷の優勝が決まった。
 
  準々決勝の読谷打線は与儀の本塁打など猛攻を見せ、投げては先発の奥間が初回の1失点で抑えた。読谷は初優勝。【琉球新報電子版】