社会

大東地方、沖縄本島は14日にも強風域抜ける 台風10号

 大型の台風第10号は、14日午前9時現在、種子島の南東約290キロにあって、1時間におよそ10キロの速さで北西へ進んでいる。中心の気圧は965ヘクトパスカル、最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートルで中心から半径240キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。
 沖縄気象台によると、大東島地方は12日昼すぎに台風10号の強風域に入った。沖縄本島も13日明け方に強風域に入ったとみられる。大東、沖縄本島ともに、14日中に強風域を抜けるものとみられる。ただ、強風域を抜けても強い風が引き続き吹くことから、沖縄気象台は沖縄本島では14日、大東では15日午前まで注意が必要だとしている。【琉球新報電子版】