社会

沖縄本島、強風域抜ける 台風10号 大東は15日未明までにも 空海の便に乱れ

  大型の台風第10号は14日午後6時現在、種子島の東南東約190キロを時速20キロで北へ進んでいる。中心気圧は965ヘクトパスカル、最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートルで中心から南東側280キロ以内と北西側170キロ以内は風速25メートル以上の暴風域。中心から南東側600キロ以内と北西側520キロ以内は風速15メートル以上の強風域となっている。
  
  沖縄気象台によると、大東島地方は12日昼すぎに、沖縄本島も13日明け方には台風10号の強風域に入ったとみられるが、本島地方は14日午後6時までに抜けた。大東島地方も14日深夜から15日未明には抜ける見込み。ただ、引き続き強い風が吹くことから、気象台は注意を呼び掛けている。
  
  台風の影響で海や空の便は乱れている。14日の空の便国内線はソラシドエアの那覇-宮崎計2便が欠航。15日は那覇と九州や四国などを結ぶ航空各社で計34便が運航を取りやめる。14日の海の便は水納-渡久地、伊是名-運天、泊-座間味など計36便が欠航した。15日は各社とも天候を見て判断するとしている。
 【琉球新報電子版】