教育

「パズルいす」で全国最優秀賞 浦添工業の大城鈴音さん 高校生ものデザイン・クラフト部門 横田、石橋さん奨励賞

㊨高校生ものデザインコンテストのクラフト部門で最優秀賞を受賞した浦添工業の大城鈴音さんと大城さんの作品「パズルいす」㊧同部門で奨励賞を受賞した浦添工業の横田雷大さん(右)、石橋葵さん(坂田文六教諭提供)

 第13回高校生ものデザインコンテスト(全国高等学校インテリア科教育研究会)のクラフト部門で、沖縄県立浦添工業高校2年の大城鈴音さんの作品「パズルいす」が最優秀賞に輝いた。7月25日までに審査結果が発表され、8月8日に福岡市内で表彰式が行われた。同校3年の横田雷大さん、石橋葵さんの共同作品「和(なごみ)」も同部門奨励賞を受賞した。

 クラフト部門は自由なテーマで縦、横、高さ1・2メートル以内の作品を制作する。大城さんの作品は座面がパズルのピースになっているいすで、つなぎ合わせることができる。横田さんと石橋さんの作品はイタジイと琉球畳を使ったいすで、県産品にこだわった。

 最優秀賞の大城さんは「パズルだといっぱいくっつけられるので楽しいかなと思った。コンテストで受賞するのは初めてなのでびっくりした」と受賞を喜び、「将来はインテリアの設計士になりたい」と語った。

 高校生ものデザインコンテストは、学習成果を社会や大学などに示すことを目的に開催されており、全国のインテリア科などの生徒が参加する。今回はクラフト部門に45作品、インテリアデザイン部門に218作品のエントリーがあった。