宜野湾市内5団体とキャッシュレス決済の普及を目指す協定を締結するニッポンプラットフォーム沖縄支店の宮國恵作支店長(後方右)=9日、市役所

 【宜野湾】複数ブランドのQRコードを一つのタブレット端末でキャッシュレス決済できるサービスを提供するニッポンプラットフォーム沖縄支店(中城村、宮國恵作支店長)は9日、宜野湾市観光振興協会など5団体と、同決済の普及を目指す包括連携協定を市役所で締結した。同社が県内団体と協定を締結するのは初めて。

 2016年設立のニッポンプラットフォームは現在、「d払い」など国内四つ、「WeChatペイ」など海外七つの決済が利用できる。無料で貸し出す端末の全国普及は8万台に上り、外国人観光客の増加が見込まれる沖縄では年内に3千台を目指す。

 締結したのはほかに市社交飲食業協会、市飲食業組合、NPO法人沖縄コンベンションシティ会、COCOふてぃーま商店街で、各団体の会員企業に希望を募り端末を置く。決済手数料は1年間無料。

 宮國支店長は「地域活性化につながるよう尽力する」と述べた。市観光振興協会の高里健作会長は「キャッシュレス決済で買い物や食事を楽しんでほしい」と語った。









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス