社会

「一人一人を大切にする町に」 人気ユーチューバー・かずえちゃん ピンクドット沖縄参加者の声を配信 2日で再生3000回

「ピンクドット沖縄2019」の会場で収録した動画「沖縄にもいるよLGBTQ」(動画投稿サイト「ユーチューブ」より、かずえちゃん提供)

 人気ユーチューバーでゲイのかずえちゃん(36)=本名・藤原和士さん、福井市出身=が「ピンクドット沖縄2019」で収録した動画「沖縄にもいるよLGBTQ」が動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開され、配信から2日で3千回近く再生されている。動画ではLGBTなど性的マイノリティーの当事者らが「一人一人を大切にできる町になればいい」などと訴えている。

 かずえちゃんのチャンネル登録者数は9日現在、約7万8500人に上る。性的マイノリティーの当事者が短いメッセージを発する動画「LGBTQ100人のカミングアウト2018」は再生回数32万8千回を超えている。

 かずえちゃんは1日に那覇市で開かれたピンクドット沖縄の会場で「地元がどんな町になってほしいですか?」と聞いて回った。約25人がカメラに向かって「みんなが安心して暮らせる町にしたい」などと答えた。約8分の動画に編集し、7日に配信した。動画のコメント欄には「皆さんの笑顔がとても素敵(すてき)に輝いていました」など共感の声が並んでいる。

 かずえちゃんは「動画を通して、いろんなセクシュアリティー(性のあり方)の人が身近にいると知ってもらいたい」と話した。動画のURLはhttps://www.youtube.com/watch?v=aXYWGOm3VxQ