地域

新市民会館名称は「那覇文化芸術劇場なはーと」

「那覇文化芸術劇場なはーと」の名称を考案した(右から)渡嘉敷信一郎さん、兼島マサミさんと城間幹子市長、市文化行政審議会の崎山律子会長=25日、那覇市役所

 沖縄県那覇市は25日、記者会見を開き、市新文化芸術発信拠点施設(新市民会館)の名称を「那覇文化芸術劇場なはーと」に決定したと発表した。578人、1007点の応募の中から市文化行政審議会(崎山律子会長)が選考し、兼島マサミさん(64)=那覇市=が提案した「那覇文化芸術劇場」と渡嘉敷信一郎さん(47)=同=が提案した「なはーと」を組み合わせた。

 同施設は久茂地小学校跡地に2021年度に開館する予定。名称には「那覇市の心(ハート)を揺るがす芸術(アート)の発信拠点が人々に親しまれ、文化芸術が発展するように」との願いが込められている。

 兼島さんは「娘が久茂地小に通っていたので、思い入れのある場所に市民会館ができることに感動している」と話した。渡嘉敷さんは「(同施設から)那覇、沖縄の芸術の風が吹いてくれたら」と期待した。

 城間幹子市長は「那覇の心技体が合わさった素晴らしい名前だ。那覇で一番大きな劇場であり、小劇場や外から見えるガラス張りの研修室もある」とPRした。









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス