社会

美ら海水族館、首里城公園も料金値上げ 消費増税で沖縄県内主要観光・レジャー施設はどうなる?

 10月1日の消費税増税に合わせて、県内の観光・レジャー施設の中には利用料金を改定する施設もある。10月に改定する施設のほか、来年以降の改定を検討している施設もある。

 県立博物館・美術館は10月から料金を改定するため、県に申請している。

 沖縄美ら海水族館は、現在の大人1850円から30円引き上げる。高校生と小中学生も10~20円上げる。午後4時以降に入館でき、約3割得になる「4時からチケット」も10~20円上がる。熱帯ドリームセンターと海洋文化館の料金は変わらない。


 首里城公園は、入場料を10円引き上げて大人は830円、高校生は630円に改定。小中学生は310円で据え置く。玉陵は変更なし。

 おきなわワールドは玉泉洞、王国村、ハブ博物公園の「フリーパス券」を50円上げて大人1700円に設定する。

 東南植物楽園は入園料を一般1500円から40円上げる。琉球村は16歳以上だった大人の料金区分を19歳以上に変更し、大人は300円上げて1500円、新たに高校生1200円を設定した。小中学生は600円に据え置く。

 沖縄こどもの国は来年にも改定を検討する。ひめゆり平和祈念資料館は来年7月のリニューアル後に料金を変更する予定だ。

 県平和祈念資料館、体験王国むら咲むら、うえのドイツ文化村(宮古島市)、石垣やいま村などは観覧・入場料などに変更はない。









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス