経済

韓国球団、春季キャンプも中止 ハンファ「今の状況では行けない」 日韓関係悪化が影響続く

 【八重瀬】沖縄県八重瀬町で春季キャンプをしている韓国のプロ野球チーム「ハンファ・イーグルス」が、来年春のキャンプを中止することを町に伝えたことが9月30日、分かった。日韓関係の悪化が背景にあるとみられる。2021年以降は未定という。県内では韓国プロ野球チーム7球団がキャンプをしているが、春季キャンプの中止が明らかになったのは初めて。

 ハンファは、2012年に八重瀬町で秋季キャンプを開始。以降は春と秋の年2回、キャンプを実施し、17年から春季だけになっていた。来季は2月1日から3月10日ごろまでの予定で町と調整を進めていた。球団幹部が27日に町役場を訪れ、「今の状況では行けない」と新垣安弘町長らに説明した。









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス