社会

「痛税感」じわじわ 消費税10% 買い物客「負担増えた」

キャッシュレス・消費者還元事業の加盟店で、電子マネーで会計する客=1日、南風原町宮平の丸大南風原店

 1日、消費税が8%から10%に上がった。沖縄県内の小売店などは新たな税率で商品を売り出した。軽減税率で品物や消費の仕方によって複数の税率が混在するが大きな混乱は見られなかった。しかし、「痛税感」はじわじわ広がっており、消費者からは「負担が増えた」と不満の声が聞かれた。店側も「今の売値を維持できるか」と不安をにじませている。

 消費増税と同時にキャッシュレス決済による消費者還元事業も始まった。5%還元加盟店の丸大南風原店でクレジットカードを使って支払った女性(31)=南風原町=は「いつもカードなのでちょうど良かった。負担は増えるが、仕方ないから賢く買い物する」と話した。別の女性(72)=同=は「クレジットは使いすぎて後悔する」と話し、当面は現金を使うと話した。

 名護市の共同売店。増税で材料の仕入費がかさみ、手作りの弁当類が10円値上がりした。店員の女性(46)は「10円の値上げだけで維持できるか分からない」と話す。

 1歳の息子を連れてプレミアム付商品券を受け取りに沖縄市役所を訪れた女性(31)=沖縄市=は「2人目の子どもも欲しいけど、学費などのことを考えると不安はある」と話し、今後の子育て支援の充実に期待した。

 豊見城市のサンエー豊見城ウィングシティで毎日のようにパンなどを買うという男性(76)=豊見城市=は「いつも通りの買い物をしたけど、高くなったと感じた」と話した。

 宮古島市平良のガソリンスタンドで給油していた男性(39)=会社員=は「消費税よりはガソリンの価格の幅があり、そっちが気に掛かる」と語った。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス