社会

台風の夜になぜ通信障害が発生した? ループ回線2カ所損傷 NTT「究明急ぐ」

 9月30日夜から10月1日朝にかけて石垣市と竹富町で発生した通信障害は、沖縄県内をループ状に結んだ通信回線の2カ所が損傷したことで、損傷区間に挟まれた石垣市と竹富町が通信的に孤立したことが原因だった。NTT西日本沖縄支店は「原因究明を急ぎ、再発防止に努める」としている。

 同社によると、県内の通信回線は本土とつながる沖縄本島を起点に、宮古島市―石垣市―竹富町―与那国町―沖縄本島とループ状に結んでいる。例えば、本島から石垣市に電話する場合、宮古島市ルートと与那国町ルートが利用できることから、片方が損傷してももう一方のルートで通信できる仕組みとなっている。

 今回のケースでは、台風18号が接近する前の9月28日の段階で与那国町―竹富町の回線が損傷。さらに台風18号の影響で同30日に、新たに宮古島市―石垣島市の回線や設備が損傷した。この結果、竹富町と石垣市が孤立。この回線にはインターネットや携帯電話の回線も含まれていたため、両市町の全ての通信が不通になったという。









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス