経済

「御菓子御殿」プロ100選5位 体験施設など評価

100選に選ばれた御菓子御殿本店前に立つ沢岻カズ子社長=25日、読谷村宇座

 【読谷】お菓子のポルシェ(読谷村、沢岻カズ子社長)が運営する「御菓子御殿」が、第33回「プロが選ぶ観光・食事、土産物施設100選」(旅行新聞新社主催)の土産物施設部門で5位に選ばれた。

同施設の上位入賞は昨年の8位に続き2年連続。沢岻社長は「本当に誇り。5位から落ちないよう頑張りたい」と受賞を喜んだ。
 選考は全国の旅行会社からの投票を経て、日本旅行業協会など11者でつくる審査委員会で決めた。体験施設の充実やオリジナル商品開発などで工夫が見られる点が評価された。
 ポルシェは現在、御菓子御殿を含め直営9店舗を運営。主力商品は「紅いもタルト」で、年間3200万個を売り上げる。
 土産物部門の1位は2年連続で群馬県の浅間酒造観光センター。沖縄からはほかに、ゆいゆい国頭(国頭村)、琉球村(恩納村)、琉球ガラス村(糸満市)、優美堂(同)、琉球真珠(石垣市)、みんさー工芸館(同)が100選入りした。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス