スポーツ

与那覇建設、初V オリオンスーパーベースボール

南方楽酒KAN―与那覇建設 二回1死二塁、左越えの先制適時二塁打を放つ与那覇建設の天願雄大=16日、浦添市民球場

 第19回草野球沖縄一決定戦オリオンスーパーベースボール2013最終日は16日、浦添市民球場で決勝戦を行い、与那覇建設が5―0で南方楽酒KANに勝利して初優勝を飾った。与那覇建設は二回1死二塁から天願雄大の左越え二塁打で先制し、天願の本盗で追加点を奪った。

五回には与那覇友幸と富田淳太の二塁打などで3点を追加して勝利を引き寄せた。エースの天願は制球に苦しみながらも要所を締めて完封勝利した。与那覇建設は12月7日に鹿児島県奄美市で行われる第14回奄美・沖縄親善交流試合に出場する。

◆天願、躍動の投・打・走 「守備に助けられた」
 与那覇建設のエース・天願雄大が投打に足を絡めてチームの勝利に貢献した。二回1死二塁に左越えの二塁打で先制点をもたらせば、内野安打で三塁まで進むと本盗を決めて2点目をもぎ取った。「(安打は)ラッキーだったし、もともと走るのも好きだから」。控えめながら、笑顔で勝利を喜んだ。
 打ったのは高めの直球だった。「相手投手は制球に苦しんでいる」と見極めると、ストライクを取りに来た球を狙った。続く知念雄太が内野安打で出塁すると、天願が機動力を発揮した。盗塁を狙った知念が一、二塁間に挟まれている間に天願が本塁を狙う。天願は「サインは特になくて、知念と目が合ったから練習通りのプレーをした」と頬を緩めた。
 マウンドでは粘りを見せた。初回からボールが先行する苦しい立ち上がりで、天願は「ストライクを取りに行くのがやっとだった」と反省する。それでもピンチには圧巻の投球だった。二回に二塁まで進んだ走者をけん制で刺し、四回は無死満塁を無失点で切り抜けた。終わってみれば3安打の完封勝利。「今日は守備に助けられた」と仲間に感謝する。
 チームは五回に3点を追加して勝利を大きく引き寄せた。「今日はみんないつも以上にできていた」。チーム一丸で頂点に登り詰め、天願は達成感をにじませた。(平安太一)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス