政治

自民党県連が辺野古容認 県外移設公約は撤回

米軍普天間飛行場の県内移設の容認をめぐって開かれた総会後、記者会見に応じる自民党県連の翁長政俊会長(右)と照屋守之幹事長=27日午後、県議会

 自民党県連は27日、県議による議員総会を開き、米軍普天間飛行場の県外移設を求めるとしていたこれまでの公約を見直し、名護市辺野古への移設を容認することを決定した。

 翁長政俊会長は総会後に会見し、「党本部と国会議員が合意した内容で県連も進める」と話した。今後、県連内の正式手続きを進める。
【琉球新報電子版】