沖縄の魅力 映画で発信 国際映画祭が開幕

舞台あいさつに登壇した那覇国際高校の生徒やガレッジセールの川田広樹さん(前列左から2人目)ら=20日、宜野湾市の沖縄コンベンションセンター

 第6回沖縄国際映画祭(同実行委員会主催)が20日、宜野湾市の沖縄コンベンションセンターなどで開幕した。那覇国際高校の生徒らが参加した“地域発信型映画”「那覇・NAHA・なーふぁ!」(喜屋武靖監督)などが上映された。21日は宜野湾市でレッドカーペットがあり、映画に出演した著名人らが歩く。映画祭は24日まで。

 舞台あいさつは、出演した川田広樹さん(ガレッジセール)や高校生らが登壇。製作に携わった具志恒陽さん=那覇国際高3年=は「公設市場などで撮影し、住んでいても知らなかった那覇の魅力に気付いた。この映画で伝わればうれしい」と話した。
英文へ→Okinawa International Movie Festival conveys the charm of islands



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス