経済

トヨタ車加工し海外へ トイファクトリー

医療回診車を見学した仲井真弘多知事(左から2人目)とTFIの藤井昭文社長(左端)ら=12日午前、県庁駐車場

 トイファクトリーインターナショナル(TFI、うるま市、藤井昭文社長)は12日、トヨタ自動車の海外向け特殊車両の内装部品製造を請け負うジェータックス(愛知県)と作業請負契約を締結したと発表した。

締結により、TFIは、県内で初めてトヨタへ供給する製造者となる。
 TFIは、本土から運ばれてきた新車を医療回診車に加工・改造。その後、本土に運んだ後、アフリカ諸国などへ輸出する。年間100台を出荷目標とする。
 TFIの藤井社長は「資材の約半分は沖縄で調達している。トヨタのブランドとして、高品質な商品を提供したい。新しいステージが始まる」と意気込んだ。
 トイファクトリー(岐阜県)は2008年に、うるま市の国際物流拠点産業集積地域(旧特別自由貿易地域)内に工場を設立。主にキャンピングカーなどの加工・改造を手掛けた。12年に分社化し、子会社のTFIが同工場を引き継ぎ運営している。
 TFIの藤井社長らは12日午前、県庁に仲井真弘多知事を訪れ、医療回診車を披露した。