政治

防衛副大臣、陸自配備で宮古島調査を要請

 【宮古島】武田良太防衛副大臣は12日、宮古島への陸上自衛隊警備部隊配備計画について宮古島市役所で下地敏彦市長と会談し、「具体的な施策の一環として宮古島に初動任務する部隊を置かせていただきたい」と述べ、配備に向け市内での適地調査に協力を求めた。

下地市長は具体的な配備には「市民の意見を聞く」などと述べたが、島嶼(とうしょ)防衛や災害派遣の観点から配備に一定の理解を示し、調査の内容について事務方による協議を進めることで一致した。
 県内への陸自警備部隊配備に向け、防衛省幹部と首長が会談したのは初めて。
 会談で武田氏は「南西諸島で部隊の空白地域を解消するのが重要」と説明。自衛隊の災害時の対応力も強調し、「住民の安全を確保する上でも調査の加速化を進めたい」と理解を求めた。下地市長は、配備への賛否は言及しなかったが、沖縄周辺海域が緊張状態にあるとの認識を示し「しっかり島嶼防衛してもらえるのは非常に重要だ」と返答。「具体的な配備については、市民の意見を十分に聞かないといけない」と語り、市議会の意向を重視する考えを示した。
 対馬警備隊(長崎県)を参考にした350~400人規模の部隊の配備が検討されている。
英文へ→Vice defense minister asks for mayor’s cooperation to deploy ground force on Miyako Islands